2010年05月29日

「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も―警察庁(時事通信)

 児童買春などの温床と指摘される「出会い系喫茶」について、警察庁は27日、来年1月1日から風営法の規制対象とし、取り締まりを強化することを決めた。ビジネスホテルなどを装った「偽装ラブホテル」も同日から規制対象とする。
 規制対象になると18歳未満の児童の入店や、学校近辺や住宅街での営業が禁止される。ただ、これまで禁止区域で営業してきた施設は引き続き営業を認める。
 出会い系喫茶は、有料で入店した男性に女性を紹介する店で、男女が合意すれば店外に連れ出せる。無料で飲食ができるため、18歳未満の少女が出入りしており、店外での児童買春に結びつきやすいと指摘されていた。
 偽装ラブホテルに対しては、規制対象だった従来のラブホテルに要件を追加。客と従業員が顔を合わさず料金を支払える自動精算機が設置されていることなどを加え、規制対象とした。ラブホテルの要件の大幅見直しは26年ぶり。 

【関連ニュース】
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
都条例改正に漫画家ら反対声明
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官

<江津市長選>無投票で田中増次氏が4選 島根(毎日新聞)
<降格人事>残業代払わず労組結成の職員を課長級→係長級 北海道体育文化協会(毎日新聞)
<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)
“特派員”は必要なのか? ネット時代で役割が変わる(Business Media 誠)
posted by ミネギシ キヨシ at 09:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実(産経新聞)

 インターネットを使った選挙運動が解禁される公算が高まるなか、ネット業界で次期参院選に向けた準備が着々と進んでいる。選挙期間中でもブログの更新や街頭演説の生放送などが可能になることから、業界は「情報がフレッシュになり、ユーザーも喜ぶ」と期待。政治家も「有権者に生のメッセージが届けられる」と歓迎している。今夏、サイバー空間の“選挙戦”が新たな盛り上がりをみせそうだ。(池田証志)

 ◆手応えあり

 「ネット選挙運動が解禁されれば、アクセス数は確実に増える。累計で100万はいくだろう」と話すのは今年4月、“解禁”を見込んで特設サイト「Infoseek×楽天政治 LOVE JAPAN 参院選特集2010β」を立ち上げた楽天。

 同サイトでは、すでに全国の立候補予定者の情報を掲載しているほか、ワンクリックで政治献金できる政治情報サイト「楽天政治 LOVE JAPAN」の内容を表示。200人以上の政治家のブログや動画、ツイッターの最新情報を見ることができる。

 20、21日には、東京・永田町で同サイトの政治家向け説明会を開催する予定。同社は「参院選が近づくにつれ、問い合わせが増えている」と手応えを語る。

 一方、日本最大級の850万人の会員を抱える「Amebaブログ」を運営するサイバーエージェントも4月、参院選を見据え政治家ブログを集めたサイト「Ameba政治家ブログ」を開設。「政治家の意見を多くの有権者に知らせるのはネットメディアとしての社会貢献」と位置づけ、今後、ネット上に広告を張るなど誘導を進める方針。

 タレントのブログを多く擁する同社は「誹謗(ひぼう)中傷や炎上への対策は得意。24時間、有人監視している」とアピールする。現時点の登録政治家数は70人で、個別に参加を呼びかける“営業活動”も展開している。

 ◆リアルタイム重視

 解禁を前提に選挙コンテンツの充実化に乗り出すプロバイダー系ポータルサイトも現れた。NECビッグローブは今夏から「党首インタビューやツイッターなどの口コミ分析の結果も紹介するつもり」という。

 このほか、動画サイト「ユーチューブ」と検索サイト「グーグル」を運営するグーグルは「新しい技術を取り入れ、リアルタイム化を重視することでユーザーのメリットを図りたい」。昨年の総選挙で投票動向調査や開票速報の生放送をして話題を呼んだ動画サイト「ニコニコ動画」は今年も同様のコンテンツなどを用意する予定。

 ◆政治家も歓迎

 ネット選挙運動を推進する民主党の藤末健三参院議員は「ブログで街頭演説を告知した上で、生放送したい。毎晩、豪華なゲストを呼んで討論を生放送し、視聴者からの質問にも答える」と意欲的だ。3年後に改選を迎える自民党の山本一太参院議員は「今回は応援演説の告知や動画出演などで協力できれば。若者の票の掘り起こしなど、ネットの影響力は小さくない」と話す。

 駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の山口浩准教授は「選挙に関連するネットサービスが多様化すれば、選挙期間中の議論が活発になり、有権者の政治参加意識も強くなるだろう」とみている。

【関連記事】
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁
民主ネット放送、番組名は「スタジオ民主なう」
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論
「レスしなきゃ」疲労感 たまに「休ネット日」を

原爆死没者名簿に「風通し」=26万3000人記載―広島(時事通信)
警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
<事業仕分け>20日から後半 駆け引き本格化(毎日新聞)
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話−鳩山兄弟
e-とちぎ、子供のケータイ利用に関する相談会を開催
posted by ミネギシ キヨシ at 12:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<突風>体育祭で10人重軽傷 テントの支柱当たり 滋賀(毎日新聞)

 15日午後1時10分ごろ、滋賀県近江八幡市市井町の近江兄弟社学園のグラウンドで、同中学校の体育祭中に突風が吹き、テント2張りが飛ばされた。生徒10人に鉄製の支柱が当たり、1年生の女子2人が右太ももや手の指を骨折する重傷、1〜3年生の男女計8人が腕や背中などに軽いけがをした。

 県警近江八幡署などによると、テントは縦約7メートル、横約3.6メートル、高さ約3.1メートル。支柱はクイなどで地面に固定されておらず、同署は安全対策が十分だったか学校関係者から事情を聴いている。

 事故当時、大縄跳びの競技中でグラウンドには生徒457人のほか、保護者や職員ら百数十人がいた。突然砂煙が上がり、テントの一つが5〜6メートル、もう一つは2〜3メートル舞い上がり、横倒しになったという。事故後、体育祭は中止された。小野春男校長は「新入生を歓迎する体育祭で事故が起きたのは残念。心が痛む」と話した。

 彦根地方気象台によると、当時は薄曇りで風はほとんど観測されておらず、強風注意報なども発令されていなかった。【斎藤和夫、後藤由耶】

【関連ニュース】
突風:テント10張り飛び4人けが 岐阜・郡上
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
突風:群馬・館林で竜巻?
突風:2棟全壊、2人が軽傷…岡山・美作で計36棟被災
貨物機が着陸に失敗し横転、炎上 乗員2人死亡 成田空港

“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、死体遺棄事件として捜査/神奈川県警(カナロコ)
バカラ賭博の経営者逮捕 警視庁(産経新聞)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
posted by ミネギシ キヨシ at 18:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。